福島県 郡山市 福島市 測量 設計 登記申請 行政許認可 地盤調査 建設業 地盤改良・外構エクステリア・土木工事 等

地盤調査

地盤を正確に評価

建物の良し悪しは目で見たり使い勝手によって分かりますが、地盤の良し悪しはなかなか分かりづらいものです。 設計の前段階で地盤を調査しておく事は重要かつ今や常識となりつつあります。 弊社ではスウェーデンサウンディング試験により、地盤を正確に評価し、設計や基礎工事に必要な情報をスピーディーに提供いたします。

スウェーデン式サウンディング試験 住宅の地盤調査で一般的に採用されている地盤の強さを測定する試験方法です。機械の上部におもりを設置し、先端の尖った部分がどれだけ貫入したか、また貫入が停止した時にはハンドルを回転させ、25cmごとに貫入に必要な回転数を測り地盤の強さを測定します。

スウェーデン式調査法概要

スウェーデン式サウンディング試験機

スウェーデン式サウンディング試験機は、スクリューポイント、ロッド、載荷・回転・引き抜き装置からなり、スクリューポイントにロッドを介して荷重を載荷した時の荷重と貫入量の関係、及び1000Nno荷重で貫入停止後ロッドを回転させたときの、回転数と貫入量との関係が求められるものとする。


スクリューポイント

図1 スクリューポイント

スクリューポイントは、抹消しにくい特殊鋼製で、図1に示す形状のものとする。


ロッド

ロッドは、鋼製で次のとおりとし、いずれもロッド連結端から25僂瓦箸北楡垢あるものとする。
(a) スクリューポイント連結ロッド 径19弌長さ80
(b) 継ぎ足しロッド 径19弌長さ100


載荷装置

積載装置は、ロッドに51N、150N、250N、500N、750N、及び1000Nの荷重を載荷できるものとする。
【備考】
載荷装置におもりを用いる場合は、載荷用クランプにおもりを載荷する。 この場合、載荷用クランプは、ロッドの任意の位置に固定し、所要の載荷ができるもので、質量は5圓箸垢襦 また、おもりは図2に示す鋳鉄製のもので、質量10圓里發里2個、25圓里發里3個とする。 なお、この場合の試験機を図3に示す。


図2 おもりの例

図3 スウェーデン式サウンディング試験機の例

.魯鵐疋襦↓△もり、載荷用クランプ、つ貳帖 シ僂足しロッド、Ε好リューポイント連結ロッド、 Д好リューポイント